くらし情報『男の日焼けは「どの程度」だと好感度が高いのか?』

男の日焼けは「どの程度」だと好感度が高いのか?

2018年3月11日 17:30
 

(C)nito / Shutterstock

(C)Shutterstock

有名な元プロ野球選手が違法薬物を使用して逮捕された一件以来、「真っ黒な日焼けは覚せい剤の使用を隠すため?」かと勘繰られるようになった。

だが、日焼けの効果は、同じ体型でも引き締まって見えるだけでなく「頼りがいがある」「強い」「男らしい」といった“印象操作”を可能にする。それが相乗効果を生み、自分への自信につながるというケースもある。

「紫外線は波長約100~400ナノメートルですが、その波長によって『UV-A』(315~400ナノメートル)、『UV-B』(280~315ナノメートル)、『UV-C』(100~280ナノメートル)に分類され、波長が短いほどエネルギーが大きく、動植物への有害性も強いのです。UV-Cは生物にとって最も有害ですが、オゾン層と大気中の酸素分子で完全に吸収され、地表には届きません。UV-Bも大半が吸収されますが、一部は地表へ到達し、皮膚がんや日焼けを生じさせ、しみやそばかすの原因になります。UV-Aの大半は地表に達し、肌に吸収されるとメラニン色素が生成され肌の色が黒くなりますが、シワやたるみの原因にもなるという“副作用”もあります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.