くらし情報『「50年の歌の歴史」からSMAP排除!批判相次ぐ』

2017年10月3日 11:10

「50年の歌の歴史」からSMAP排除!批判相次ぐ

「50年の歌の歴史」からSMAP排除!批判相次ぐ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月2日に放送された『歌のゴールデンヒット ~オリコン1位の50年間~』(TBS系)で『SMAP』の楽曲が一切放送されない事態が起こり、視聴者から批判が殺到している。

番組では音楽情報サービス『オリコン』の50年間で、1位になったことのある曲のVTRを流しつつ、アーティストを招いてトークを繰り広げた。『PUFFY』がスタジオに登場し、『渚にまつわるエトセトラ』、『サーキットの娘』、『これが私の生きる道』といった曲を披露。ほかにも世良公則の『銃爪』、小林明子の『恋に落ちて』が登場した。

しかし、『光GENJI』や『Kinki Kids』など、ジャニーズ事務所所属アーティストの曲は紹介されたものの、売り上げ300万枚を達成した『世界に一つだけの花』をはじめ『夜空ノムコウ』や『らいおんハート』など、SMAPの楽曲が紹介されることは一切なかった。

■ ジャニーズからの圧力を勘ぐる意見も

この番組構成に対して、視聴者からはSNS上で《真のオリコン1位が出てねえじゃん》、《意図的にSMAP外してる?SMAPなくして90年代以降のオリコンは語れないだろ》、《『うたばん』からの映像が多いのにSMAPが流れないのが不思議》、《光GENJIより売れてるSMAPは出ないのはなぜ?》などと批判が殺到している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.