くらし情報『夏菜の「キャバ嬢姿」に大きな反響』

2017年10月10日 10:55

夏菜の「キャバ嬢姿」に大きな反響

夏菜の「キャバ嬢姿」に大きな反響

(C)まいじつ

インターネットテレビ局のAbemaTVと朝日放送(ABC)が共同制作したドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』(全10話)の放送が10月9日にスタートした。ドラマを見ていた視聴者のあいだで「夏菜の昼と夜の姿のギャップがたまらない」と話題になっている。

夏菜は朝の連続テレビ小説『純と愛』(NHK)以来、5年ぶりの連続ドラマ出演で、純と愛以降は目立った代表作がなく、女優としての仕事は久しぶりだ。

第1話は、クラブ『セ・ラ・ヴィ』に、新人キャバクラ嬢の舞(岡本夏美)が初出勤するところから始まる。舞を指名したのは、投資を仕事にしているという坂木達哉(東幹久)だった。

初めて坂木と同伴をすることになった舞は、坂木の車に乗って坂木の勧める店へ行ったが、途中から意識を失ってしまう。舞が目が覚ましたときには、公園のベンチで寝かされており、かばんのなかにホストクラブで切られた420万円の領収書が残されていた。

舞のトラブルを耳にしたセ・ラ・ヴィ店長の城金貴輪(木下ほうか)は、『ひぐらし信用金庫』の融資室受付に勤めている御倉花(夏菜)に相談に行くよう勧める。実は御倉こそ、キャバクラに群がる欲深き悪を成敗する伝説のキャバ嬢、一条彩華だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.