くらし情報『星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声』

星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声

2017年10月14日 19:00
 

星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声

(C)まいじつ

10月13日にスタートする連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の特別試写が東京都内の映画館で行われ、主演の綾野剛、俳優で歌手の星野源らが登壇した。

コウノドリは週刊漫画誌『モーニング』(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウ氏が描く漫画が原作で、2015年10月クールに一度ドラマ化している。産婦人科医療の現場をリアルに描き、人気を博したドラマの続編だ。

2年ぶりの同作出演に星野は「2年空いた感じがしない。ロケ場所も一緒だし、スタッフさんも一緒だし、楽しい空間がタイムスリップで現れた」と笑顔を見せた。ただし、星野が演じる産婦人科医の四宮春樹は「たくさんの赤ちゃんが訪れてくれて、本当に見ているとにこにこしちゃいますけど、(四宮は)笑わないクールな役なので、笑顔を封印して撮影を頑張りたい」と決意を語った。

綾野と星野はこの2年のあいだ、それぞれの出演作品もチェックしていたそうで、綾野は「僕は見てましたよ。NHKのコント番組で、げんちゃんの『オモエもん』とか『おげんさんといっしょ』とか」と、星野の番組をチェックしてしたことを報告。「見てくれてありがとう!」と微笑む星野の横で、NHKの番組を挙げた綾野に共演の松岡茉優が「TBSなのにそれ?TBSのいいやつあるじゃない!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.