くらし情報『金メダル村上茉愛に「厳重警戒」準備の体操関係者』

2017年10月11日 19:31

金メダル村上茉愛に「厳重警戒」準備の体操関係者

(C)Nice to meet you / Shutterstock

(C)Shutterstock

カナダのモントリオールで行われていた体操世界選手権の種目別女子床運動で、村上茉愛(むらかみ・まい)が金メダルに輝いた。体操での日本女子の優勝は、1954年のローマ大会で平均台優勝の田中敬子以来、63年ぶり2人目の快挙だ。

村上は、個人総合決勝で予選首位通過ながら4位に終わり、悔し涙を流していた。しかしこの優勝で「人生の中で一番いい演技だった。女子がいつもメダルを取れていなかったので、63年ぶりに取れたのがわたしでよかった」と喜びを表現した。

「村上はなかなかの美貌の持ち主で、小学校3年生のときに深田恭子主演のドラマ『ウメ子』(TBS系)に出演したこともある、子役出身の体操選手です。体操協会は一躍“時の人”となった村上に、変なストーカーやファンが寄り付かないかと心配しています」(スポーツジャーナリスト)

■ 「追っ掛け」の登場も危惧

引退した田中理恵の現役時代と同じように、体操の大会も警備が厳しくなることが予測される。

「芸能事務所が所属させようと手を挙げるのではないかというほど、魅力のある選手ですね。今後は大会ごとにカメラ片手に“追っ掛け”が登場するのではないかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.