くらし情報『宮川大輔が2週間だけ使用していた芸名とは…?』

2017年10月16日 11:15

宮川大輔が2週間だけ使用していた芸名とは…?

宮川大輔が2週間だけ使用していた芸名とは…?

(C)まいじつ

バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“お祭り男”として人気を博すお笑い芸人宮川大輔が、10月15日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演し、過去に一時期、芸名を変更していたことが暴露された。

番組の中盤に、宮川をよく知る友人としてケンドーコバヤシがVTRで出演し、「あなただけが知る宮川の秘密は?」という問いに対して、「実は昔、(宮川個人の)芸名あったって知ってます?」と話を切り出した。

そして、「僕、毎回言う時笑っちゃうんですけど、『チャーリー豆太』っていう…。仕事がうまくいかなかったとき、占い師にお金払ってまで付けてもらった名前なんですけど、(舞台に出る時に名乗るのが)あまりに恥ずかしくて、2週間で辞めたらしいです」と暴露した。

星田英利(旧名:ほっしゃん。)とお笑いコンビ『チュパチャップス』を結成する前に、別のコンビを解散してひとりで活動していくことになった宮川は、今後の身の振り方について悩んでいたという。当時、お笑い芸人の傍ら、さまざまな大物が相談に来るような占い師が居る店でアルバイトをしていた宮川は、その占い師から突然、「あなた、名前変えた方がいいわよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.