くらし情報『ビートたけし「都知事になって五輪返還もありかな」』

2017年10月19日 07:00

ビートたけし「都知事になって五輪返還もありかな」

ビートたけし「都知事になって五輪返還もありかな」

(C)まいじつ

ビートたけしとお笑いコンビ『ナインティナイン』の矢部浩之、岡村隆史が、バラエティー番組『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系/11月12日スタート)の初回収録後に記者会見へ登場した。同番組は27年ぶりにレギュラー番組へ復活し、東京五輪のメダル候補となる天才少年少女と現役アスリートやMCのたけしらが対決するというものだ。

「かつてのスポーツ大将は、100メートル走でカール・ルイスを模した人形『カール君』が名物になっていましたが、真面目に取り組む企画もあるので、東京五輪・パラリンピックに出場するような選手を見つけ出すきっかけを作るかもしれません」(スポーツジャーナリスト)

会見で岡村は「番組を見てスポーツをやりたいと思ってほしい」、矢部は「子供がメダリストを脅かすほどレベルが高いところを見てほしい」と番組の魅力をPR。報道陣から2020年への目標を問われたたけしは「死なないようにしないと。感じとしてはあと数年。オリンピックの聖火で没してほしい。聖火台におれを置いてもらってミディアムに焼いて」と話して会見を盛り上げた。

しかしたけしは、最優先で東京五輪・パラリンピックを意識しているわけではないという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.