くらし情報『青木さやかのドラマ役作りが「怖すぎ」と話題に』

2017年10月19日 16:02

青木さやかのドラマ役作りが「怖すぎ」と話題に

青木さやかのドラマ役作りが「怖すぎ」と話題に

poosan / PIXTA(ピクスタ)

10月18日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第3話が放送された。この放送回にはお笑いタレントの青木さやかが出演したが、青木に対してインターネット上で「おばちゃんぶりが凄い」と話題になっている。

第3話では、主人公の伊佐山菜美(綾瀬はるか)が、恐喝の現場を見てしまい、正義感ゆえにやめるよう声をかけるが、逆に「引っ込んでろばばあ」と言い返された。その言葉に「女の人にぜったい言ってはいけないことを言ったわね。お仕置きするわよ」と、襲いかかてきた学生を反撃する。

菜美の姿を偶然見た主婦の清水理沙(小野ゆり子)は、菜美が反撃する様子を思わず動画で撮影してしまった。

その後、菜美と会った理沙は、自身がママ友グループのリーダー的な存在で元プロレスラーの主婦である貴子(青木さやか)から、いじめに遭っていると打ち明けた。貴子に負けないくらいの精神的な強さを身に付け、自分自身に自信が付けば、堂々と意見も言えるはずだと思った理沙は、菜美に“極意”を教えてもらえないかと頭を下げる。すると菜美は「絶対に喧嘩をしないこと」を条件に引き受けた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.