くらし情報『村上茉愛の快挙で汚名返上した池谷幸雄』

2017年10月20日 10:30

村上茉愛の快挙で汚名返上した池谷幸雄

村上茉愛の快挙で汚名返上した池谷幸雄

(C)まいじつ

カナダのモントリオールで行われた体操の世界選手権では、内村航平が故障するアクシデントに見舞われて同大会7連覇を逃したが、白井健三が盛り返し、女子では村上茉愛が1954年ローマ大会以来、全種目を通じて63年ぶりに金メダルを獲得した。

その村上を育てたのが、元メダリストの池谷幸雄氏だ。池谷氏は18歳まで村上を指導した。女子の体操選手は“17歳ピーク説”もあるほど、幼少期やローティーンの指導が重要だ。村上の快挙に“池谷嫌い”の関係者もその功績を認めざるを得なかった。

「池谷は22歳の若さで引退しました。その後は芸能プロダクションにも所属し、タレントとしてのテレビ出演だけではなく、事業にも手を伸ばしました。参議院選挙にも出馬しましたが、落選しています。体協協会のなかには、こうした池谷の一貫性のない行動をよく思わない人たちもいました」(体協詰め記者)

池谷氏が協会幹部をもっとも怒らせたのは“下半身スキャンダル”だった。2度の結婚と離婚があり、離婚の原因は池谷の浮気で億単位の慰謝料を請求された。詐欺被害にも遭ったが、「手口が幼稚。考えれば分かりそうなこと」とし、同情する声は全く聞かれなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.