くらし情報『武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上』

2017年10月23日 11:30

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上

武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上

(C)まいじつ

22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した俳優の武田鉄矢がセクハラを事実上容認するとも取れる発言をし、ネット経由で視聴者から批判を浴びている。

この日は著名な映画プロデューサー・ハーベイ・ワインスタイン氏が過去30年間に及びセクハラを受けたとして、女優から続々と告発されているというニュースを取り上げた。

コメンテーターとして出演した漫画家の倉田真由美やヒロミが、今まで被害を受けた女優が声を上げられなかったことに驚くコメントを述べる中、同じくコメンテーターとしてゲスト出演した武田鉄矢は、「別にビックリしないニュースだ」と感想を述べた。

その理由について武田は、「日本の映画にパワーがあった頃は、平気でこんな(セクハラまがいの)ことを言う人がいた。『私は女優を愛人にしたんじゃない。愛人を女優にしたんだ』と平然と言う人もいた」と明かした。

MCの東野幸治は、『バカ殿様』シリーズなどで女性タレントと数多く共演している志村けんを引き合いに出した。「志村さんはアイドルの女の子のお尻などをよく触る。それは緊張しているアイドルを同じ目線にさせて、本番のコントでツッコんでもらうため」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.