くらし情報『週刊誌が準備する今井絵理子議員「追放」トドメの一撃』

2017年10月26日 10:30

週刊誌が準備する今井絵理子議員「追放」トドメの一撃

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

元秘書に暴言と暴力を振るったとされる前衆議院議員の豊田真由子氏が、先の衆議院選挙で予想通り落選した。豊田氏の暴挙の数々を報じたのは『週刊新潮』だったが、同誌が豊田氏同様に議員職を剥奪したい人間がもうひとりいるという。自民党の今井絵理子参議院議員だ。

「新潮は、今井議員が昨年当選した直後から、橋本健元神戸市議と不倫関係にあり、元市議の家庭を壊していたことをつかんでいました。その後、元市議が政務活動費約720万円を不正受給していることも詳細に報じています。今井議員が政務活動をそっちのけで、こんなにも怪しい人間と陰で遊び呆けていることを問題視しており、議員辞職に追い込みたいのです」(出版関係者)

今井議員には聴力障害を抱える子供がいることから、選挙出馬の際に「障害者の子を持つ母親たちが住みよい社会にしたい」と公約を掲げていた。しかし、子供を残して橋本元市議とホテルで宿泊の日々を過ごしていたのだ。

「自民党の山東昭子議員の推薦で出たものの、山東議員も困り果てているそうです。そのため『しゃべるな』、『出歩くな』と厳命したそうです。そうするうちに衆院選となり、話題も薄れてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.