くらし情報『暗殺された金正男の父・金正日のゲスすぎる「性豪列伝」』

2017年10月29日 21:00

暗殺された金正男の父・金正日のゲスすぎる「性豪列伝」

(C)Lee von Gynz-Guethle / Shutterstock

(C)Shutterstock

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の父である故・金正日総書記とのあいだに子供をもうけた女性は、正妻、愛人を含め、これまで9人が確認されている。

この中で、第1夫人とされる成蕙琳(ソン・ヘリム/長男:正男=ジョンナム)、第2夫人は金英淑キム・ヨンスク/長女:雪松=ソルソン、次女:名前不明)、第3夫人が高英姫(コ・ヨンヒ/次男:正哲=ジョンチョル、三男:正恩=ジョンウン、三女:与正=ヨジョン)、そして第4夫人が金玉(キム・オク/子供がいるかどうかは不明)だ。

金正日の子供のなかで、出自で比較すれば圧倒的に雪松に軍配が上がります。金日成は、正日が人妻である蕙琳を略奪して夫人にしたことを知りませんでしたから、日成が選んだ“公式の夫人”は英淑だけなのです。成蕙琳、高英姫、金玉の3人は、女優や在日出身歌手など成分(身分)が低かったのと比較すると、英淑はエリート階層である革命家の次女でした。父親は清津師範大学校学長などを歴任し、英淑も金日成総合大学を出たあとは、党宣伝扇動部に所属していました。金玉は喜び組出身で、正日の性処理ができない英姫に代わりに夜の相手をしたはずです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.