くらし情報『「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後』

2017年10月29日 17:30

「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後

「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後

(C)まいじつ

衆議院解散の直前に『希望の党』設立の“緑旋風”を仕掛け、多数の現職議員を合流の渦に巻き込んで民進党を事実上解党させた小池百合子東京都知事が、いまでは“緑のタヌキ”と揶揄されている。

国政政党を立ち上げ、自ら代表となって“政権交代”を目指すことと、都知事の職は本来、両立しない。政権交代を目指す以上、首班指名候補を決めることは不可欠で、それは代表の小池氏以外にはあり得ないからだ。

一方で、東京五輪まで3年を切ったこの時期に都知事を辞任するのは、あまりに無責任で都民に対する重大な裏切りとなる。小池氏の策略は以下のふたつの“読み”に基づいていたはずだった。

  • 都知事辞任をギリギリまで否定しつつ『希望の党』による政権交代への期待度を最高潮にまで高める
  • その期待に応えるためと称して出馬すれば、マスコミも“安倍VS小池”で持ち上げるはずで、“都知事投げ出し”とは批判しない
  • ところが、出馬しなかったことで希望の党は惨敗を喫した。落選者はもとより、何とか生き残った当選者たちも選挙後に歩むのは茨の道となるのは必至だ。選挙後の解党と、希望の党への合流を満場一致で決めたはずの民進党の再結集論が日増しに現実味を帯びるなか、座礁の危機に瀕する“小池丸”から逃げ出すかどうかに苦悶する日々が待ち構えている。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.