くらし情報『指原莉乃がCD不法投棄事件に言及「AKB商法」自己批判』

2017年10月30日 11:10

指原莉乃がCD不法投棄事件に言及「AKB商法」自己批判

指原莉乃がCD不法投棄事件に言及「AKB商法」自己批判

(C)まいじつ

10月29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)が、『AKB48』のCDが福岡県の山中で大量に不法投棄をされたニュースを取り上げた。このとき、同じAKBグループ『HKT48』の指原莉乃が複雑な心境を口にした。

この話題は先週の放送でも紹介されたが、コメンテーターに指原が参加するタイミングに合わせて、あらためて取り上げられた。

AKB選抜総選挙の投票券欲しさにCDを大量購入したために起こった事件だが、指原は「正直すごくショックですし、投票券や握手券が付いているとはいえ、わたしたちは曲を届けたいという気持ちもあるので、わたしたちのやり方もちょっと考えて行かないといけない」と、対応の難しさを語った。

10月22日の放送で松本人志は、「不法投棄はいけないという歌を歌ったらいい」と冗談を飛ばしていたが、今回は比較的真面目な表情で「『人志松本のすべらない話』のDVDがカラス除けに使われるみたいなモンで、見たらショック」と、指原の意見に理解を示した。

さらに松本は、「AKB寺みたいなのを作って、CDを供養したらいいんじゃないですか」と提案。MCの山﨑夕貴フジテレビアナウンサーは感心していたが、MCの東野幸治は「『へ~』やないですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.