くらし情報『清水アキラが良太郎を保釈させないのは「追加報道」対策か』

2017年11月4日 10:00

清水アキラが良太郎を保釈させないのは「追加報道」対策か

清水アキラが良太郎を保釈させないのは「追加報道」対策か

Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されて勾留されているタレントの清水良太郎被告に対し、父親でものまねタレントの清水アキラが、「保釈させるつもりはない」と伝えたことを明かした。東京地検は10月27日に同容疑で起訴している。

アキラは10月31日に同署で面会を済ませたあと、集まった報道陣に対応した際に保釈させないと話した。その理由として、勾留されている期間が「まだ短い」とし、より一層の反省を促すためだと述べている。

「まだ表沙汰になっていない“黒い交流関係”をメディアで暴かれる前に、保釈されるべきではないという判断もあったことでしょう。この際、洗いざらい取り調べで話した方がいいと思われます。違法薬物を入手したルートなどについても素直に白状した方が身のためです」(芸能関係者)

このアキラの対応に、SNSでも《親として谷底に突き落としたか、よくやった》、《勇気ある決断だ》、《更正を促すには簡単に保釈させない方がいい》という投稿が散見される。

アキラは良太郎被告の逮捕が判明した10月12日夜に記者会見をし、「とりあえず自分の事務所はクビにする」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.