くらし情報『「ハケンのキャバ嬢・彩華」のお色気ゲームが話題に』

2017年11月7日 10:55

「ハケンのキャバ嬢・彩華」のお色気ゲームが話題に

「ハケンのキャバ嬢・彩華」のお色気ゲームが話題に

画像はイメージです KAORU / PIXTA(ピクスタ)

インターネットテレビ局のAbemaTVと朝日放送(ABC)が共同で制作するドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』の第5話が11月6日に放送された。ドラマを見ていた視聴者のあいだでは、ゲストと毎回行うゲームで悪を成敗する方法が面白いと話題になっている。

この日のゲストには、グラビアアイドルの柳ゆり菜と、男性の映画パーソナリティーのコトブキツカサが女装姿で登場した。

第5話は、クラブ『セ・ラ・ヴィ』で新人キャバクラ嬢として理沙(柳)が働き始め、お客様から気が利くと客からの評判も上々だった。それを見ていた黒服の塚原貴志(庄野崎謙)も、好意的に応援していた。

ある日、理沙の客で気前のいい、タロット占い師のカオティック真香莉(コトブキツカサ)が来店。真香莉が帰り際に理沙へプレゼントを渡すが、理沙は真香莉に利用されているのではないかと不安に思い、店長の城金貴輪(木下ほうか)に相談する。これを心配した舞(岡本夏美)は、『ひぐらし信用金庫』で働く御倉花(夏菜)のもとを訪ねる。

■ 悪を成敗するゲームが続々登場

ドラマでは、夏菜が発案したゲームでキャバ嬢と客が楽しみ、それをきっかけにドラマを解決するシーンが頻出する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.