くらし情報『2時間ドラマ出演者「バブル感満載」で話題に』

2017年11月7日 11:00

2時間ドラマ出演者「バブル感満載」で話題に

bee / PIXTA(ピクスタ)

bee / PIXTA(ピクスタ)

11月6日に2時間ドラマ『今野敏サスペンス 確証~警視庁捜査三課』(TBS系)が放送された。主演は吉田栄作だったが、脇を固めたキャスティングが「バブリーだ」と話題になっている。

このドラマは、2013年4~6月に高橋克典榮倉奈々をメインキャストに放送された連続ドラマのリメイク版。今回はキャストが一新され、主演が吉田栄作内山理名に変わった。また、捜査三課警部の猪野勝也役を大杉蓮、捜査一課の警部補役を石黒賢、捜査一課長役は佐野史朗が演じた。

ストーリーは、犯罪の情報源となる元窃盗犯からも人望の厚い、捜査三課の職人気質の警部補の萩尾秀一吉田栄作)が、若手刑事の武田秋穂内山理名)とコンビを組んで強盗事件を解決していくというものだ。

ドラマを見ていた視聴者はツイッターへ、《吉田栄作が渋くて素敵》、《女の扱いが苦手な昭和な上司としてはかっこよすぎる》、《吉田栄作石黒賢佐野史朗はバブル期の香りがする》などと、好意的な意見を多く寄せた。

また、今回のドラマで初共演である吉田と内山のコンビに関しても、《凸凹コンビで新鮮》、《高橋克典吉田栄作だと全然違うキャラ》、《新コンビは別バージョンって感じでいいバランス》、《また続編が見たい》などと、好評だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.