くらし情報『竹内涼真の力走に「萌える」陸王が高視聴率キープ』

2017年11月13日 19:31

竹内涼真の力走に「萌える」陸王が高視聴率キープ

lzf / PIXTA(ピクスタ)

画像はイメージです lzf / PIXTA(ピクスタ)

連続ドラマ『陸王』(TBS系)は、足袋を作る老舗の『こはぜ屋』がランニングシューズを開発していく物語だ。

実業団の長距離陸上選手である茂木裕人(竹内涼真)に自ら開発したシューズ『陸王』を履いてもらいたいこはぜ屋4代目社長の宮沢紘一(役所広司)は、何度もしつこく所属のダイワ食品陸上部に「茂木選手に会わせてください」と頼みに行くが、門前払いされる。

一方、怪我をしている茂木は会社の労務課から呼び出され、担当者との面談に臨む。そこで「陸上を引退して社業に専念してはどうか」と提案される。年齢的にも方向転換するにはいいタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。しかし、その言葉に答えを出せないでいた。

「竹内の女性ファンたちが、SNSで《茂木頑張れ》と声援を送っています。このドラマはある意味、竹内を引き立たせるプロモーションビデオのようになってきました。竹内が『陸王』を履いて選手として復活する姿をファンたちが見たいのです」(芸能関係者)

■ 竹内の必死で走る姿が女性に人気

茂木は紆余曲折があるなかで、陸王を履くことを決意し、捲土重来を期して部内のセレクションのための1万メートル走に挑んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.