くらし情報『伊藤詩織氏と元TBS・山口敬之氏の「レイプ告発問題」泥沼化へ』

2017年11月15日 19:30

伊藤詩織氏と元TBS・山口敬之氏の「レイプ告発問題」泥沼化へ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

元TBS記者の山口敬之氏からの性暴力被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織氏。10月18日に手記『Black Box』(文藝春秋)を発売し、このなかで初めて本名を公表した。

それから約1カ月、山口氏が月刊誌で反論を表明するなど、泥沼の様相を呈している。

伊藤氏は2015年4月、当時TBSのワシントン支局長だった山口氏に、アメリカでの就労ビザについて相談するために会った。その際、飲食しているあいだに、伊藤氏は急に昏倒し、意識を取り戻すと、山口氏にレイプされている最中だったと主張している。

彼女の下着から検出された山口氏のDNA、山口氏のホテルへ移動したタクシー運転手の証言やホテルの防犯カメラ映像などの証拠を集め、告発を受けた警視庁高輪署も山口氏の逮捕令状を裁判所から得た。しかし、まさに捜査官が山口氏を逮捕しようとしたそのときに、警視庁本部の中村格刑事部長(当時)の突然の指示で、逮捕は見送られた。

そして、今年5月に伊藤氏は山口氏から性暴力を受けたとして検察審査会へ提訴をしたが、9月に不起訴相当を議決。事件の捜査は終わった。

これを受けて山口氏は報道活動を再開するとし、以下のような投稿をフェイスブックにおこなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.