日馬富士「暴行事件」八百長問題以来の大激震!

2017年11月15日 16:00
 

関連リンク

・日馬富士暴行事件から見える「モンゴル会」の闇
・日馬富士に接近を企てる「プロレス業界」
・朝青龍が日馬富士に伸ばす「救いの手」
(C)ViChizh / Shutterstock

(C)Shutterstock

一部報道で暴行疑惑を報じられた大相撲の横綱の日馬富士(伊勢ケ浜部屋)が11月14日、幕内の貴ノ岩(貴乃花部屋)への暴行を認めた。この日、朝稽古を終え「このような貴ノ岩の怪我については貴乃花親方、貴乃花部屋、貴乃花部屋後援会の関係者の皆様、相撲協会、うちに部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くお詫び申し上げます」と頭を下げて謝罪した。

九州場所を初日から休場している貴ノ岩は前日、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書を提出した。

関係者によれば、暴行は秋巡業中の鳥取でモンゴル出身力士が集まった宴席で行われたという。酒に酔った横綱が貴ノ岩の態度に激怒し、ビール瓶で何度も殴打し、重傷を負わせたという。

日馬富士は12日から始まった九州場所で2連敗後、休場を発表している。

「横綱審議委員会や審判部の判断を仰がないといけませんが、このままだと日本相撲協会が引退を勧告する可能性が濃厚でしょう。かつての横綱、朝青龍も一般人との暴行事件で引退に追い込まれています。朝青龍が許されなくて、日馬富士が許されるということはありません」(相撲ジャーナリスト)

日馬富士は両膝、両肘に痛みを抱えながらも、先場所では先行する豪栄道を逆転しての優勝を果たし、多くの相撲ファンが感動を呼んだ。

「今場所は気持ちが乱れて、押されると抵抗できない場面が目立っていました。心技体が全く整っていないと思っていたら、こうした事件を起こしていたとは…。平幕ならともかく、手本となるべき横綱が暴行事件を起こしたとなれば、よみがえるのは八百長問題で粛清ムードになったあの悪夢です」(同・ジャーナリスト)

■ このまま引退か

日本相撲協会は同日、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開き、日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)を呼んで事情聴取した。

「聴取の中身は口外されないでしょうが、少なくとも3~4場所は出場停止にしないと、協会の面目が立たないと思われます。そのあいだにも33歳の日馬富士は年齢を重ねてしまうわけで、横綱が4人いる状況での謹慎や出場停止処分は年齢的に厳しいです」(同・ジャーナリスト)
SNSでも《朝青龍から悪い部分だけ引き継いだな》、《暴力力士はモンゴルに帰れ》、《横綱は見本にならないといけないのにこれじゃ反面教師だ》、《軽量で頑張っていて応援していたのに、不愉快だな。すぐに引退せよ》などという書き込みが増えている。

「どう言い訳しても、世間が納得しないでしょう。9回の優勝を誇る横綱だけに、このまま引退して、これ以上は晩節を汚すべきではない」(同・ジャーナリスト)

日馬富士の相撲人生が終わろうとしている。

【画像】

(C)ViChizh / Shutterstock

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.