くらし情報『水曜日のダウンタウン「ひねりのないパクリ企画」に批判の声』

2017年11月16日 11:00

水曜日のダウンタウン「ひねりのないパクリ企画」に批判の声

(C)Sergey Nivens / Shutterstock

(C)Shutterstock

11月15日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、他番組の“パクリ企画”があり、視聴者からは「やりすぎではないか」という意見が続出している。

番組では『オシャレをしながら逃走中』というフジテレビの『逃走中』を真似た企画が放送された。鬼ごっこの要領で、鬼役の“ハンター”から逃げるというルールは逃走中と同じだが、水曜日のダウンタウンではその最中にショッピングモール内のアパレル店をめぐってアイテムを選び、ハンターに捕まった時点のファッションコーディネートをタレントのRIKACOがチェックするというアレンジが加えられた。そして、RIKACOが採点した点数を競う方式だった。

この、オシャレをしながら逃走中の企画には、お笑いコンビ『三四郎』の小宮浩信や、『トレンディエンジェル』の斎藤司、『フットボールアワー』の岩尾望、レイザーラモンRG、タレントの鈴木奈々らが参加した。

ハンターに追われるとあって、メンバーは服選びをするのにひと苦労。小宮はボトムスを着ている最中にハンターに捕まったため、ルールに則ってパンツを見せた格好のままRIKACOのもとに連れて行かれ、ファッションチェックを受ける羽目になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.