くらし情報『羽生結弦ファンが「京都の神社」に殺到』

2017年11月23日 11:00

羽生結弦ファンが「京都の神社」に殺到

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

(C)Shutterstock

先ごろ、フィギュアスケート男子の羽生結弦が『2017NHK杯フィギュア』を負傷欠場し、その影響でNHK総合番組の視聴率が前年から急落したことが話題になった。

羽生は11月9日の公式練習で転倒し、右足関節外側靱帯損傷のため欠場を余儀なくされた。11日夕方放送の『女子フリー』は平均視聴率10.5%だったものの、同日ゴールデンタイム放送の『男子フリー』は同6.7%と低調だった。

「昨年、羽生が連覇した『男子フリー』は平均視聴率16.0%だったので大幅にダウンしています。いかに羽生目当ての視聴者が多いかよく分かる数字でしょう。ちなみに、おととし羽生が優勝した『男子フリー』は約18%、浅田真央が出場した『女子フリー』は23.5%を記録しているため、人気選手不在だとふた桁視聴率のキープは厳しいということも見てとれます」(テレビ誌記者)

■ 足腰の神様に羽生ファンが…

NHKが羽生の欠場で視聴率を大きく落としてしまった一方で、羽生のファンが殺到したところもある。

「京都の護王神社です。こちらは足腰の神様で、羽生選手が練習で怪我をしてからというもの、全国からファンが訪れ、回復祈願の絵馬を納めているそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.