くらし情報『小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ』

2017年12月4日 19:30

小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

(C)まいじつ

日馬富士の暴行問題は、鳥取県警が捜査中ということもあり、貴乃花親方や日本相撲協会はメディアにコメントすることを避けている。

一方で、ニュース番組や情報番組では、貴乃花親方と親しい関係者や、元小結の旭鷲山など、問題に直接関わっていない人々のコメントが多く取り上げられている。

ミュージシャンで好角家のデーモン閣下はこの問題について、「貴乃花親方は相撲協会の理事として経営者でもある。経営者のひとりとして謝罪してもよかったのではないか」と、理事としての責任を果たしていないと指摘した。さらに「酒癖が悪いというわけではない日馬富士が、よっぽど腹を立てて、こういうことに発展してしまった。横綱を怒らせるようなことをしてしまった弟子の指導の責任はどうなのか」と苦言を呈した。

この発言に対してSNSでは《さすがデーモン閣下。言いにくいことをズバリ言ってくれた》、《貴乃花に対して批判するのは勇気がいること。被害者側に意見するのはさすが》、《相撲界を思ってこその意見だけに重みがある》などと絶賛されている。

「日馬富士問題は、芸能人や評論家の『コメント力』が問われています。当たり障りのないことを言うと馬鹿にされるし、踏み込んだことを言うと叩かれる可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.