くらし情報『『民衆の敵』大爆死で篠原涼子が「ヌード解禁営業」した事情』

2017年12月4日 21:30

『民衆の敵』大爆死で篠原涼子が「ヌード解禁営業」した事情

『民衆の敵』大爆死で篠原涼子が「ヌード解禁営業」した事情

(C)まいじつ

主演している連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』の視聴率が低迷している女優の篠原涼子が、“完全ヌード出演OK”の営業をしているという。

篠原は2015年10~12月期放送の連続ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)が全話平均視聴率8.7%だったことに続き、主演ドラマが2作連続で平均ひと桁視聴率になることが濃厚だ。そのため、所属芸能事務所の関係者は今後を見据え、ドラマや映画での官能派路線のエスカレートを決意したという。

「一部スポーツ紙などで報道されていますが、最近、事務所関係者が『篠原を脱がせる』と言って、ドラマや映画のプロデューサーに企画を持ち込んでいるのは事実のようです。しかもバストトップやヒップの露出もいとわず、ギャランティーについては交渉の余地があるということで、早ければ来年のいまごろには篠原が脱ぐ作品が見られそうな様相です」(芸能関係者)

■ 「アンフェア」の映画で露出を断った篠原だが…

篠原はこれまでのキャリアのなかで、バストトップやヒップを露出させたことがない。映画『アンフェア』でも要請されたが、かたくなに断ったという。

「篠原はもうあとがありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.