浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句

2017年12月5日 07:00
 

関連リンク

・STU48、関東初の冠レギュラー『セトビンゴ!』決定 “秋元先生ドッキリ”の洗礼
・ニッチェ『THE W』で見せた“ハートフルショートコント”に感慨「泣きながら笑ってくれたら嬉しい」
・ベラ・ソーン、わいせつ行為の被害に遭っていたことを明かす

(C)まいじつ

浜崎あゆみのコンサート動画がインターネット上に流出し、波紋を呼んでいる。流出しているのは11月22日に行われた山梨公演とみられる映像で、ヒット曲『Boys&Girls』を歌っている。セットの大型ビジョンには《この曲のみ写真撮影OKです!!》との文字が見て取れる。

浜崎は今回のコンサートツアーで撮影を許可しており、撮った写真などがSNSなどで拡散されることを望んでいた。そのせいで、本人の思惑とは別に、「浜崎が太った!」、「痩せた!」と話題に事欠かない。

だが、今回流出した動画で話題になったのは浜崎の見た目ではない。彼女の歌のパフォーマンスの低さが問題になっているというのだ。浜崎は本来の音程やピッチを無視し、低い音程で歌唱。さらに、ハンドマイクを頻繁に客席へ向け、半分近いパートを客に歌わせていた。

これを見た人たちは《音程全く取れてなくて、びっくり》、《観客の方が歌うまい》、《サビが棒読みで、お経みたい》、《高音は観客にゆだねるスタイル?》、《黒沢さんの方がうまい》(黒沢=浜崎のものまねをする『森三中』の黒沢かずこ)とネットに投稿。浜崎にとっては痛すぎる流出である。

■ ツアー自体もトラブル続き

浜崎は11月17日の仙台公演を急性気管支炎発症のため中止している。病気後で声が出ていなかったのだろうという意見もあったが、この仙台公演に関してもいろいろとあった。ファンに対して中止の連絡があったのは、開場後の午後6時40分。スタッフからいきなり発表された。

この対応にファンは怒りを爆発させ、数日前に浜崎がツアーの合間に海外でバカンスを楽しむ画像をSNSにアップしていたこともあり、“体調管理の不備”にも批判が集まった。

事態収拾のために浜崎はツイッターを更新し、次のような投稿をした。

今、点滴による眠りから覚めて、時計を見て驚くと同時に、なぜ私は今日ここに立ち想いを届けられなかったのかとホテルの部屋で去年の仙台の皆との写真を見つめています。続

— ayumi hamasaki (@ayu_19980408) November 17, 2017

https://platform.twitter.com/widgets.js

自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます。
また、涙しながら会場を後にする皆をメンバー全員が出口に並び最後までお見送りをしていたとも聞きました。どんな想いで居たのか..言葉になりません。続

— ayumi hamasaki (@ayu_19980408) November 17, 2017

https://platform.twitter.com/widgets.js

そして何より今日のステージを糧に様々な事を乗り越えて集まってくれた仙台の皆様、本当に申し訳ありませんでした。私は歌うこと以外何にも出来ません。だからまた絶対に歌いに戻って来るから、その日までどうか待っていて下さい。
愛しています。 pic.twitter.com/nYI8enZ1h9

— ayumi hamasaki (@ayu_19980408) November 17, 2017

https://platform.twitter.com/widgets.js

そして、振替公演を2018年2月13日に行うと公式サイトで発表したのだが、ファンクラブ『TeamAyu』向けのダイレクトメールでは《仙台の振替日程は2月8日》と誤って送信してしまったのである。

そのため、ファンクラブに登録していたファンのあいだでは、振替日程の情報が錯綜して大きなクレームに発展してしまった。

これこそ踏んだり蹴ったりだろう。

今回のツアーは9月と10月に開催予定だった徳島と神戸の公演も台風によって当日にキャンセルされたことがあった。さらに、11月10日の大阪公演は機材トラブルにより曲数を大幅カットするなど、ここまでトラブルが続いている。

浜崎は無事ツアーを終えられるのだろうか。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.