くらし情報『売れない便乗商品「忖度弁当」インスタ映えに挑戦する者も』

2017年12月5日 10:30

売れない便乗商品「忖度弁当」インスタ映えに挑戦する者も

RichR / PIXTA(ピクスタ)

RichR / PIXTA(ピクスタ)

今年の流行語大賞に輝いた『忖度』。“相手の気持ちを推し量ること”を意味するが、その流行語を商品名にした弁当がファミリーマートから発売され話題になっている。

「『忖度』と人気アニメ『けものフレンズ』が流行語大賞にノミネートされたときに、どちらを商品化するかツイッターでアンケートが実施され、その結果『忖度御膳』が発売されることになりました。ファミリーマートの弁当商品では過去最高額の税込み798円という品物ですが、これが全くと言っていいほど売れていないのです。インターネット上では《忖度というネーミングが何だかマイナスイメージがする》、《800円も出すなら普通に店に食いに行くだろ》など、ネガティブな意見が多く見られます」(流通業界紙記者)

添付されているお品書きにはこうある。

《この案件(あんかけ)、うまくいくと(野菜のうま煮)めでたい(金目鯛)です。金(金峰米)を目当てにするほど腹黒く(のどぐろ)はありませんが、マメ(枝豆)にお会いして、沢山お話をさせていただきたいです(ゴマすり=胡麻和え)。最後にこの想いを香の物に込めました(そんたくあん=たくあん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.