くらし情報『石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由』

2017年12月5日 21:00

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

(C)まいじつ

元東京都知事で作家の石原慎太郎氏が12月4日にツイッターを更新し、日馬富士の暴行事件について持論を展開した。

これはあくまで作家としての憶測だが日馬富士事件の真相は千秋楽の挨拶で見せた白鵬の僭越驕りからして彼が弟分の日馬富士をそそのかしやらせたのではないかと思う。最近の白鵬驕った姿勢は鼻もちならない。

— 石原慎太郎 (@i_shintaro) December 4, 2017

https://platform.twitter.com/widgets.js

石原氏は日馬富士の暴行事件が明るみになって以降、何度かその件に関してツイッターを更新している。警察に被害届を提出した貴乃花親方を《勇気は素晴らしい》と絶賛し、白鵬については《横綱は何してでも勝てばいいと言うものでは絶対にない》と、白鵬の相撲について苦言を呈する投稿もしていた。

■ 運営に関わりたい?

一部週刊誌の報道によれば、日馬富士が殴る寸前に白鵬が目配せをしたと報じられており、白鵬が暴行に大きく関与しているという見方も広がっている。しかし、この石原氏のツイッターには批判が殺到している。

《あなただけにはとやかく言われたくないのでは?》
《「作家としての憶測」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.