くらし情報『近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到』

2017年12月7日 11:30

近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

12月6日に放送された『FNS歌謡祭 2017 第1夜』(フジテレビ系)に近藤真彦が出演。番組の最後に3曲を歌ったが、視聴者から「カラオケレベルの歌声」だと批判が殺到している。

近藤は『THE ALFEE』の高見沢俊彦、『NMB48』の山本彩、『TOKIO』の城島茂、『関ジャニ∞』の丸山隆平と大倉忠義をバックバンドにしたがえ、『ミッドナイト・シャッフル』、『ハイティーン・ブキ』、新曲の『軌跡』を歌い上げた。

近藤は曲を披露する前のバンドの自己紹介で、ジャニーズ事務所の後輩の城島と丸山、大倉をわざと紹介せずとぼけてみせた。丸山から「マッチさんちょっとお願いしますよ」と言われていたが、近藤は終始、機嫌よさそうな様子だった。

この様子を見た視聴者からは、ツイッターに近藤への批判が多く投稿されていた。

《マッチ担ぎはいつまで伝統で続くの?後輩に華をもたせる演出をみせた方が若いファンもつくはず》
《トリの近くに特別編成バンドまで結成して3曲もカラオケおやじレベルの歌なんていらない》
《高見沢や山本や後輩まで呼んでるんだからボイトレぐらいしろ》
《マッチ推しは誰需要なの》
《マッチバンドは忖度の塊》
《マッチの声聴くたびに会場が虚無の表情だった》
《3曲しかも売れない新曲の宣伝までして最低》
《マッチで視聴率落とさないための接待バンドだろ》

■ 2年前にもあった「近藤批判」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.