くらし情報『野村沙知代さん死去…思い出される浅香光代との「強烈な因縁」』

2017年12月11日 16:00

野村沙知代さん死去…思い出される浅香光代との「強烈な因縁」

野村沙知代さん死去…思い出される浅香光代との「強烈な因縁」

(C)まいじつ

プロ野球のヤクルトスワローズ、東北楽天ゴールデンイーグルスなどで監督を務めた野村克也氏の妻で、“サッチー”の愛称で親しまれたタレントの野村沙知代さんが12月8日、東京都内の病院で亡くなった。

沙知代さんは野村氏がヤクルトの監督に就任したあたりから、辛口論評のタレントとしてテレビ番組などに出演するようになった。1996年、当時の新進党から衆議院選挙に比例区から出馬したが落選。その際に経歴詐称疑惑で告発され、さらに女優の浅香光代との批判の応酬になり“ミッチー・サッチー騒動”としてテレビのワイドショーで取り上げられるなど、世間を騒がせた。

浅香は沙知代さんの訃報を聞いて「わたしよか長生きすると思ってたのに、人間って分からない。こうなったら仏になりましたから、安らかにと手を合わせるしかないです」とコメントを残した。このふたりの因縁は、1999年3月31日、浅香がそれまでレギュラー出演し、その日が最後の出演だったTBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』内でスタートした。

東京都知事選挙に絡んで沙知代さんが立候補した1996年の衆院選の結果に基づき、次点だった沙知代さんに繰り上げ当選の可能性が出たことに対し、浅香は沙知代さんを「あんな人はもう嫌。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.