くらし情報『カンニング竹山が指摘「日馬富士暴行問題」の違和感』

2017年12月14日 19:00

カンニング竹山が指摘「日馬富士暴行問題」の違和感

カンニング竹山が指摘「日馬富士暴行問題」の違和感

(C)まいじつ

お笑い芸人カンニング竹山が、日馬富士の暴行問題で沈黙を貫く貴乃花親方への批判を繰り返す報道を批判した。

12月13日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、日本相撲協会の鏡山危機管理部長が貴乃花部屋を訪れた様子が生中継された。日本相撲協会の事情聴取に応じようとしない貴乃花親方の姿勢に、各コメンテーターから批判的な意見が出たが、竹山は自分の考えを貫くコメントに終始した。

「なんで各局がワイドショーやってるこの時間に、わざわざ(貴乃花部屋へ)行かなきゃいけないんですか?絶対マスコミがいるって分かってるから、中継するに決まってるでしょ?相撲協会は貴乃花部屋をつぶしたいんですか?一体何をやりたいの?貴乃花親方も確かに無礼なところもいっぱいあると思いますけど、親方を責めても何も始まらないじゃないですか」

このように、竹山は強い口調で日本相撲協会の行動に疑問を呈した。

すると、竹山とほかのコメンテーターらのあいだで激しい議論に発展。相撲リポーターの横野レイコ氏は、鏡山部長がこの時間帯に貴乃花部屋を訪問したのは、朝稽古が終わったタイミングで「この時間をあえて狙ってということではないと思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.