くらし情報『大迫傑と神野大地活躍も「素直に喜べない」日本陸上競技連盟』

2017年12月16日 19:00

大迫傑と神野大地活躍も「素直に喜べない」日本陸上競技連盟

大迫傑と神野大地活躍も「素直に喜べない」日本陸上競技連盟

digi009 / PIXTA(ピクスタ)

12月3日に開催された『第71回福岡国際マラソン』で、5000メートル競争の日本記録保持者である大迫傑が日本歴代5位の2時間7分19秒で、日本勢ではトップの3位に入った。

久しく世界レベルの記録から遠ざかっていた日本男子マラソン界にとっては朗報だったが、日本陸上競技連盟を始めとする関係者は、それを素直に喜ぶことができなかったという。

「福岡マラソンは東京五輪出場の選考レースが始まる来年度へ向けての試金石になる大会だと目されていました。大方の予想通り、すでに海外レースで好タイムを出していた大迫、箱根駅伝で有名になった神野大地が上位を争いました」(体協詰め記者)

箱根駅伝で“山の神”と呼ばれた神野は、大迫より少し遅れる2時間12分50秒の13位。昨年は故障などで十分な練習もできなかったことを思えば、復帰への手応えを感じさせるレースだったと言えるだろう。

■ 陸連の指導方針が否定された結果

「陸連がふたりの好タイムを喜べない理由は“練習方法”にあります。まず大迫ですが、彼は『ナイキ・オレゴンプロジェクト』の所属です。この組織はトラック種目で世界大会を席巻している新しい勢力で、マラソン界への進出を企てていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.