くらし情報『月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体』

2018年3月16日 16:00

月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体

またも『Google Moon』からビッグニュースが飛び込んできた。今回はなんと月面で“奇妙な発光体“に照らされた穴に加え、その周囲からは“丸い突起物“のような物が多数発見されたのだ!UFOマニアのあいだでは、知的生命体の存在を裏付ける証拠として、いま注目を集めている。

月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体


これが問題の地点(22°42’39.17N 142°34’45.35E)を拡大した画像だ。大きさは前の発光体を含め、縦が220メートルで横は210メートルもあり、非常に巨大な穴だ。V字に光るランプの具合などを見ると、地下への出入り口を照らす“誘導灯”のようにも思える。

月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体


これは少し倍率を下げ、周囲の状況を撮影した画像だ。驚くべきことに、すぐ横にも同様の穴(※赤い矢印部)があり、その左横には直径33メートルほどの丸い球体が、まるでゴマ塩をばら撒いたように多数埋まっている。これは一体、どういう事なのだろうか?

■ 地下基地への入り口か

月面で発見された「巨大ゲート」と「月の機動惑星説」について当サイトでは報じてきたが、今回の発見は、これらの事柄を裏付ける証拠のように思われる。やはり月の地下にはルナリアンが作った“大規模な基地”があるのではないか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.