くらし情報『石川遼がゴルフ教室で「迷言」子供ら困惑』

2017年12月22日 07:00

石川遼がゴルフ教室で「迷言」子供ら困惑

石川遼がゴルフ教室で「迷言」子供ら困惑

(C)まいじつ

来シーズンのゴルフ国内ツアー専念を表明した石川遼が先ごろ、子供向けのゴルフ教室の講師を務めた。石川自身も主催者のひとりになっているNPO法人のジュニア向けのゴルフ教室で、今回は競技経験のない子供たちが約40名選ばれた。石川たちは競技普及のため、今後も同様のイベントを続けていくつもりのようだ。

講師の石川は、全4ホールをプレーしたあとに、デモンストレーションで実際にボールを打ってみせた。“悪い手本”だとして、意図的に打球を左右に曲げ、次に高い打球と低い打球を打ち分けてみせた。

しかし、そのときに石川が発した言葉に、子供たちは戸惑いを見せた。

「僕はショットを曲げるのは割と得意。曲げる必要がないときも曲げてしまうんだけど」

競技経験がなくても、石川の今季の成績不振を知っていたのだろう。子供たちは笑っていいのかどうか分からず、その場は静まりかえってしまった。

■ スコアよりも大切なことを説いたが…

「石川はゴルフを始めたきっかけとして、父親の中古クラブを譲り受けた思い出も話していました。最初は下手だったという話をしたときは、子供たちも身を乗り出して聞いていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.