くらし情報『年越しで日本映画の至宝「黒澤明作品」一挙放送!』

2017年12月31日 07:00

年越しで日本映画の至宝「黒澤明作品」一挙放送!

(C)Chamille White / Shutterstock

(C)Shutterstock

大みそかのNHK BSプレミアムで恒例になっている『年越し映画マラソン』の今年のラインアップは、黒澤明監督作品『七人の侍』、『生きる』、『用心棒』、『椿三十郎』、『赤ひげ』の計5作品だ。過去には高倉健の主演作を一挙に6作品放送したり、『ゴッドファーザー』シリーズなど、映画好きにはたまらない作品が並ぶが、今年は日本映画の至宝ともいえる“黒澤映画”の登場とあって、いま一度じっくり腰を据えて鑑賞してみるのもいい機会だろう。

「今回放送される黒澤映画は、どれももはや説明不要というほど有名な作品ばかりですが、実はまだ見ていないという人も多いのです。『七人の侍』が封切られたのは、63年前の1954年(昭和29年)ですから、特に若い世代の人は、よほどの映画好きでもない限り、わざわざ見ることもなかったでしょう。7人の侍が百姓に雇われ、村に襲い掛かってくる野武士たちに戦いを挑むというストーリーは、そのダイナミックなアクションシーンと相まって、公開後から瞬く間に日本映画史に残る金字塔を打ち立てました。いままでの時代劇にありがちな、いわゆる“チャンバラ”を排して、リアルな戦闘シーンを取り入れた革命的な作品でもあります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.