くらし情報『「葬儀」の料金で高額請求のトラブルが多発中』

「葬儀」の料金で高額請求のトラブルが多発中

2018年2月11日 10:30
 

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

団塊世代の高齢化が始まり、急速に“多死社会”を迎えている。そんな世相を反映して、雑誌やテレビなどでは葬儀やお墓などの“終活”を特集することが増えている。そうした終活の特集が人気なのは、多くの人が料金について、よく知らないからだ。

実際、全国の消費生活センター等に寄せられる葬儀サービス関連の相談は増加傾向にあり、近年は年間約700件を超えているというデータも発表されている。近親者との死別という事態に冷静な対応ができなかったり、葬儀社の説明が不足していたりして、料金やサービス内容に納得できず、トラブルになることが多いようだ。

では、葬儀サービスの料金に納得いかない場合、どうすればいいのだろうか。消費者問題に詳しい弁護士はこう話す。

「事業者と消費者とのあいだで結ばれる契約については、弱者である消費者を保護するために、『消費者契約法』が適用されます。例えば、葬儀社が料金やサービス内容などの重要事項について事実と異なることを告げたり、消費者の不利益になる事実を故意に告げなかったりして、消費者が事実誤認したなどの事情があれば、消費者契約法により、契約を取り消すことができる場合があります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.