くらし情報『4月開始の朝ドラ「半分、青い。」に早くも期待が集まる理由』

2018年1月22日 07:00

4月開始の朝ドラ「半分、青い。」に早くも期待が集まる理由

七福徳三 / PIXTA(ピクスタ)

七福徳三 / PIXTA(ピクスタ)

現在放送中の朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)の次に4月から放送が予定されている『半分、青い。』(同)の取材会が1月18日に東京都内で開かれた。このドラマは女優の永野芽郁が主役を務める。

過去の朝の連続テレビ小説では『あまちゃん』(2013年放送)の台詞「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞を受賞。今作の口癖や印象的な台詞を聞かれた制作統括の勝田夏子氏は「いくつかあるので、楽しみにしてもらえたら」と“第2のじぇじぇじぇ”の登場を予告した。

『半分、青い。』の脚本家は連続ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)、『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』(TBS)などを手掛けた北川悦吏子氏が担当する。

勝田氏が「(北川氏は)筆力が違う、ワンアンドオンリーの世界。言葉の魔術師」と評するように、軽やかな人間模様が描かれるという。朝の連続テレビ小説は「じぇじぇじぇ!」だけでなく、『あさが来た』の「びっくりポン!」、『とと姉ちゃん』の「どうしたもんじゃろのぉ」など、頭から離れなくなる印象的な言葉が多い。今作の主人公は大胆に行動し、失敗ばかりするため、故郷の岐阜弁で反省する「やってまった(やってしまった)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.