くらし情報『人種差別主義・トランプ大統領がアメリカへの移民を歓迎する国』

2018年1月28日 19:00

人種差別主義・トランプ大統領がアメリカへの移民を歓迎する国

人種差別主義・トランプ大統領がアメリカへの移民を歓迎する国

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

アメリカのドナルド・トランプ大統領は人種差別発言をたびたび口にする。気を付けようとしてもつい言ってしまうのは、それこそ本心だからだろう。

1月11日、移民問題を巡る超党派会合で、アフリカやハイチなど南米出身国を「クソをためておく価値のない場所」(英語でShit hole=シットホール)と指摘し、侮辱された関係国ばかりか世界各地から最高レベルの批判の声が上がった。

「実はトランプ大統領自身も移民の子孫です。父方はドイツ人で、祖父のフレデリック・トランプは1885年にドイツからアメリカへ移住しています。その割には過去にも人種差別的発言を繰り返しています。バラク・オバマ前大統領への発言は特に強烈で、2011年には『オバマ大統領はハワイ生まれではなく、アフリカのケニア生まれだ』と指摘し、アメリカ大統領にはふさわしくなく、そもそも資格がないと糾弾したことがありました。当時、このオバマ氏の出生問題でもトランプ氏は『人種差別主義者だ』という批判を受けています。つまり“札付き”なのです」(在米日本人ジャーナリスト)

トランプ大統領の“シットホール発言”には続きがあり、「アメリカはノルウェーのような国からこそ移民を受け入れるべきだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.