くらし情報『松坂大輔「日本球界復帰後活躍できない」のは妻のせい?』

2018年1月24日 19:30

松坂大輔「日本球界復帰後活躍できない」のは妻のせい?

(C)Brandon Vincent / Shutterstock

(C)Shutterstock

日米通算164勝を挙げ、昨季限りで福岡ソフトバンクホークスを退団した松坂大輔が、1月23日に中日ドラゴンズの入団テストを受けて合格した。単年契約で年俸は1500万円プラス出来高とみられる。背番号は「99」を選んだといい、その理由については“9+9”で慣れ親しんだ“18”になることと、再出発の意味を込めたという。日本プロ野球では埼玉西武ライオンズ、ソフトバンクに続く3球団目で、セ・リーグの球団には初めて所属する。

「ソフトバンク入団時の推定で3年総額12億円から単年契約の1500万ですから、収入は相当減りました。松坂自身はお金より現役にこだわっているので、これでも満足でしょうが、奥さんはどう思っていることやら…。もうずっと単身赴任をしていますから、奥さんとはそんな相談やコミュニケーションなどないのかもしれません」(スポーツ紙記者)

松坂の妻は元日本テレビアナウンサーの柴田倫世さん。松坂が日本球界復帰を決めた2014年暮れから、柴田さんは3人の子供たちとともにボストン・レッドソックス時代に住んでいたボストンに残っている。『「子育て」と「ママ」の上手な関係。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.