くらし情報『4月放送有力視「逃げ恥続編」放送後に新垣結衣は休養へ』

2018年1月30日 07:00

4月放送有力視「逃げ恥続編」放送後に新垣結衣は休養へ

4月放送有力視「逃げ恥続編」放送後に新垣結衣は休養へ

(C)まいじつ

2016年の10~12月に放送され、社会現象にもなった連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の続編が、早ければ4月に実現すると噂されている。

「逃げ恥は右肩上がりの視聴率を続け、最終回に最高の平均視聴率20.8%を記録しました。続編はTBSにとっても絶対に実現させたいキラーコンテンツです。これが最短で4~6月期の火曜午後10時枠で実現するのではないかと話題になっています。全話平均視聴率30%超えも決して夢ではありません」(放送記者)

しかし、主演の新垣結衣は現在、心身がボロボロだと言われている。

「もともと新垣は、昔から引退願望をしばしば口にしてきており、精神的に不安定になりがちな女性なのです。逃げ恥のヒットでさらに多忙となったあとに、昨年7~9月期の『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)、10月公開の映画『ミックス。』でも主演をするなどフル回転で働き続けました。そのためか、最近は周囲に『芸能活動を休みたい』『もうやめたい』などとこぼしているそうです」(芸能プロダクション幹部)

■ 休養中の結婚も視野に

新垣の所蔵芸能事務所では、のんが契約トラブルになり、千眼美子が出家したことで、新垣への仕事の負担が増えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.