くらし情報『狩野英孝出演番組の「過激で危険」演出にパクリ疑惑』

2018年1月30日 16:00

狩野英孝出演番組の「過激で危険」演出にパクリ疑惑

狩野英孝出演番組の「過激で危険」演出にパクリ疑惑

(C)まいじつ

1月27日に放送されたバラエティー番組『坂上探検隊』(フジテレビ系)で、お笑い芸人の狩野英孝が動物の着ぐるみを着てライオンやチーターなどの猛獣と“自撮り”するという企画が放送され、インターネット上で炎上を招いている。狩野が猛獣から噛みつかれ「痛っ!」と悲鳴を上げるシーンでは、VTRを見ていた番組出演者一同は大笑いだったが、視聴者からは「ここまでやるか」「もはやイジメと変わらないじゃないか」など、番組の“やり過ぎ”な内容に非難の声が広がっているのだ。

「過去にもワニの檻に芸人を入れるなどの体を張って笑いを取る番組はいくつもありましたが、さすがにいまの時代は批判的な意見も出てくるでしょう。しかも大御所の芸人が自ら笑いを取るためにやるのならまだしも、狩野がやるとあっては、弱い者いじめだと捉える視聴者もいるでしょう。視聴率低迷が続くフジテレビが、またもや安易な笑いに走ったと、業界内でも失笑が漏れています」(エンタメ誌ライター)

さらに、着ぐるみを着て猛獣の前に立つという企画自体が“パクリ”ではないかという疑惑もある。

■ 10年前にアメリカであった番組のパクリ

「2000年から2002年にかけて、体を張ったパフォーマンスが大人気になったアメリカの『ジャッカス』という番組がありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.