くらし情報『江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯』

2018年2月2日 19:00

江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯

の台詞があり、抗議の電話。
  • 1988年4月:日本テレビ系『11PM』で、ゲストの女優三田佳子が「バカだのチョンだのと言われていじめられた」と述べ、司会の藤本義一(故人)が番組内で「不適当な発言がありました」と謝罪
  • 「バカチョンという言葉がマスコミ各社で、いつから自粛されるようになったのかははっきりしていません。1970年代から抗議例があり、1980年代には謝罪事例があることから、少なくとも21世紀以前には自粛されるようになったようです」(放送作家)

    知識人やマスコミ、左翼政党が朝鮮半島に忖度した結果が、今日の拉致問題(対北朝鮮)や、日韓合意破棄(対韓国)につながったと言えまいか。【画像】

    (C)pathdoc / Shutterstock

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.