くらし情報『吉高由里子が新ドラマで「検事役」騒然とする関係者も』

2018年1月31日 19:30

吉高由里子が新ドラマで「検事役」騒然とする関係者も

吉高由里子が新ドラマで「検事役」騒然とする関係者も

(C)まいじつ

女優の吉高由里子が、日本テレビ系列で4月から放送される連続ドラマで主演することが決定した。タイトルは『正義のセ』で、エッセイストの阿川佐和子氏の同名小説が原作だ。吉高は新米の検事を演じる。

吉高は昨年1~3月期に連続ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で主役を務め、全話平均視聴率は11.4%と、人気の高さをうかがわせた。2014年には朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)で、全話平均視聴率22.6%を記録。これは当時、過去10年間のテレビ小説のなかでの最高視聴率だった。

「吉高は石原さとみ、新垣結衣らともに視聴率が取れるアラサー女優の代表格です。最近はタラレバ娘のように、演技の役柄も楽しいものばかりでした。だから今回の検事役というのは少々意外です」(ドラマライター)

吉高が検事の役を演じるということに驚いた関係者は多いという。

■ 「吉高のイメージにそぐわない気も」

「ドラマの詳しい内容はまだ伝わっていませんが、検事というのは精神的にハードな仕事で、一度方針を決めたら基本に絶対にぶれない職業です。正義といえば聞こえもいいのですが、決して明るい職場ではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.