くらし情報『ファッション通販サイト「ツケ払い」の落とし穴』

2018年2月2日 07:00

ファッション通販サイト「ツケ払い」の落とし穴

watcartoon / PIXTA(ピクスタ)

watcartoon / PIXTA(ピクスタ)

2016年11月からファッション通販サイト『ZOZOTOWN』が始めた『ツケ払い』(料金後払い)のサービス。ツイッター上ではこのツケ払いのおかげで新しいアイテムを買えたことを喜ぶ投稿もあるが、一方で支払期限が到来した途端に“落胆した”というツイートも目にする。昨年9月には『ユニクロ』や『ジーユー』もネット通販で“後払い”ができるようになったことを発表している。

「ユニクロとジーユーはネットで買い物をするときの決済方法として、それまでのクレジットカード払い、代金引換払いに加え、“後払い決済”を導入しました。これはスマートフォンやパソコンでオーダーまたは注文を決定した日から14日以内に、コンビニ・銀行・郵便局などで決済、支払うことができるというものです。ZOZOTOWNが始めたツケ払いは最大2カ月後に支払いができるというサービスですが、その利用者は1年足らずで100万人を突破しました。10代が16%、20代が41%と半数以上が30歳以下の若い世代が占めています」(経済ジャーナリスト)

ZOZOTOWNのツケ払いの利用者100万人のうち、男女比は7割が女性で、3割が男性だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.