くらし情報『サバンナ・八木真澄「クロ現」でギャグが滑って同情集まる』

2018年2月1日 10:36

サバンナ・八木真澄「クロ現」でギャグが滑って同情集まる

サバンナ・八木真澄「クロ現」でギャグが滑って同情集まる

(C)まいじつ

お笑いコンビ『サバンナ』の八木真澄が、1月31日に放送された情報番組『クローズアップ現代+』(NHK)に出演し、仮想通貨取引所『コインチェック』による仮想通貨『NEM』の流出騒動の被害者として体験談を語った。その際にギャグも言ったが“大スベり”したため、視聴者は批判を通り越して呆れていた。

八木はタレントの優木まおみとともにゲストで出演。司会の武田真一アナウンサーから被害状況を聞かれた八木は「コインチェックからNEMを買っていた。30万円ぐらい」とやや神妙な顔で被害を振り返った。「儲かったら家族でハワイに行きたいと思っていた」という八木は「(被害を受けて、NEMが)どうなるか分からない」として、気持ちを切り替えるために「家族で『仮想旅行をしよう』ということになった」と意味不明なコメントをした。

■ ハワイには行かず「仮想旅行」

武田アナウンサーは「仮想旅行…」と言いながら、うっすら笑みを浮かべるも、すぐに怪訝な表情で八木に話を続けるよう促した。八木は「(ハワイには行かず)家でハワイアンミュージックを流しながらステーキを食べたりとか、パンケーキを食べたりとかしています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.