くらし情報『池上彰が共演者を「過激発言で挑発」櫻井翔も唖然』

池上彰が共演者を「過激発言で挑発」櫻井翔も唖然

2018年2月7日 11:05
 

関連リンク

・チョコプラ松尾、結婚を発表「幸せな家庭を築けるように頑張ります」IKKO写真で報告
・旬アイテムはプチプラで!ALL3,000円以下のレーストップスで大人可愛いコーデを実現☆
・上白石萌音、妹・萌歌と初共演「私の人生にとって大切な一本」
池上彰が共演者を「過激発言で挑発」櫻井翔も唖然

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月6日に放送されたスペシャル番組『櫻井翔×池上彰 教科書で学べない「ニッポンの想定外」』(日本テレビ系)で、池上氏が共演者に向かって“過激発言”したことが話題になっている。

この日は北朝鮮のスマートフォン事情など、最新のニュースを掘り下げて説明。番組名に“教科書で学べない”という語句があることから、池上氏は「まずは教科書で学んでいる人に話をする。教科書で学んでいる人に話をする(前提な)ので、勉強してください」とメッセージ。櫻井も「ニュースや報道番組を見て“自分にも近いことなんだ”と思ってニュース番組を見てほしい」と視聴者に呼びかけた。

そして池上氏は櫻井へ向けて「櫻井さんといえば、いまやニュースを伝えるという感じなんですけど…」と切り出し、ひな壇に座っていた山里亮太いとうあさこ、サッカー解説者の松木安太郎らを見ながら「よく(も)こういう連中を仕切っている…」と発言。ひな壇にいた芸能人を誤って“連中”呼ばわりした。

この発言に櫻井は思わず口をあんぐりと開け、スタジオも騒然。共演者は火消しに躍起となった。松木はジェスチャーで「ここに(連中呼ばわりすべき人の)線を引いてください」と山里といとうから距離を取った。慌てて山里は「(線に)入ってますよ!」と叫び、連中呼ばわりされることを嫌がっていた。

■ 「失言」はあったものの賞賛する意見も

池上氏の失言があったものの、放送はつつがなく続いていった。しかし、視聴者の意見は手厳しかった。ツイッターでは《池上彰の本音が出たな》と、温和な語り口で知られる池上氏に冷ややかな視線を向ける人もいたが、《和やかな雰囲気に感じました!池上彰さん、腕、持ってますねぇ》、《櫻井翔は政治的な番組で「連中」をまとめるし、バラエティーも幅広くやっちゃうんですよ。その場の空気に対応する力に長けてるんですよ》と、櫻井たちを褒め称える意見もあった。

また、《池上彰の失言「櫻井さんが、バラエティでこういう連中と…」池上彰が、櫻井翔を煽ってくれたのは想定外》といった投稿もあった。

池上の発言は櫻井にとって“想定外”だったろうが、視聴者の意見を見る限りは大きな炎上に巻き込まれることはなさそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.