くらし情報『1本3000万円超も!? 白熱する「ウイスキー」高額取引』

2018年5月14日 17:31

1本3000万円超も!? 白熱する「ウイスキー」高額取引

家に飲まないウイスキーが大量に眠っているという人は、売るならいまがベストといえるでしょう」(同・酒販売業者)

では、どんなウイスキーが高値で売れるのか。

■ 注目は「挑戦的な老舗」と「新興蒸留所」

「“プレミア感”のあるものが人気です。例えば埼玉県秩父市で熟成された『イチローズモルト』が挙げられます。最大のポイントを伝授するとすれば、最大の買い手である中国人の需要を把握することです。中国人が買い占めているものは主に『山崎18年』と『マッカラン30年』ですが、両者に共通するのは“シェリー樽”であることです。実は、中国では『マッカラン』以外の海外産ウイスキーはあまり認知されていないみたいです」(同・酒販売業者)

ウイスキーの転売でもうけるといっても、素人がプレミア物のウイスキーを手に入れるのは困難だ。

「人気銘柄の価格インフレは凄まじく、数量も減っています。昨年に限れば、50年物より価値の低い『山崎18年』でさえ、大手酒販売店で数本しか入荷されていません。個人経営の酒屋がオーダーしても3年待ちという状況です」(同・酒販売業者)
そこで注目するのが、“挑戦的な老舗”と“新興蒸留所”だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.