くらし情報『自称タイムトラベラー「西暦6000年の写真」を公開』

自称タイムトラベラー「西暦6000年の写真」を公開

2018年2月9日 19:30
 

“自称タイムトラベラー”の匿名の男性が、西暦6000年の写真をインターネットで公開した。男性は現代生まれだという。

男性は「僕は西暦6000年へタイムトラベルして戻ってきました。2028年にはみなさんもタイムトラベルできるようになります」と宣言した。そして、「6000年の世界の支配者は未来の情報をごく一部でも、過去の人類に漏らすのを禁じています。特にこれから見せる写真について、未来の支配者が絶対に過去には漏らしたくない情報だとしている。でも、お見せします」と続けた。

西暦6000年の未来都市の写真は、プリズムを通して見たように歪んでいる。

自称タイムトラベラー「西暦6000年の写真」を公開


男性はこのことについて「あなたたちに見えるかどうか分かりませんが、これは未来の大都市のひとつです。いまの世界のどこということは、タイムラインを狂わせることになるので一切言えません。なぜ、写真が歪んでいるのかと言えば、タイムトラベルの際に、物が歪んでしまう傾向があるからです。物どころか、人体の一部が歪んでしまうこともあります。正確な時間、場所に犬や猫をタイムトラベルさせる実験は、いまのところ成功しています。人間が正確で安全なタイムトラベルができるようになるには、あと10年かかりそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.