くらし情報『高梨沙羅「世界一危険なジャンプ台」への対策は…』

高梨沙羅「世界一危険なジャンプ台」への対策は…

2018年2月9日 19:00
 

関連リンク

・濱口優&南明奈が結婚報告と感謝の言葉「見守っていただけたおかげ」 祝福も続々「待ってました!」
・プシャ・T 、リリース2日前にアルバム名を変更
・King & Prince「Mステ」リハーサルをジャニー喜多川氏が見学 「シンデレラガール」緊張の生歌唱、デビュー秘話も明かす
高梨沙羅「世界一危険なジャンプ台」への対策は…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

平昌五輪に出場するスキージャンプ女子の高梨沙羅が、2月6日に現地入りした。今シーズンはまだ優勝できていないが、海外メディアは金メダル候補の筆頭に高梨の名前を挙げている。しかし、平昌冬季五輪では波瀾が起こりそうだという。

平昌は極寒の地として連日、各メディアが氷点下何度以下になったと伝えています。それ以外にもスキージャンプ会場の『アルペンシア・スキージャンプセンター』は突風が吹くため、ジャンプ台を囲うようにして幅255メートルもの防風ネットが設けられました。高さは25メートルほどですが、強い風になったときには防ぎきれないかもしれません」(特派記者)

■ 体重が軽いと不利に?

瞬間風速は15メートル強。防風ネットによって選手の安全は確保されるというが、突風が起きた場合、競技に対する影響はゼロではない。高梨のような体重の軽い選手は、通常の環境であれば有利とされるが、今回は風に流される危険性もある。

「現地入りした6日、高梨は平昌対策の質問も受けました。競技開始は午後9時50分、時差のない日本で暮らしている高梨は、夜型の生活に切り換えて臨むと話していました」(同・記者)

報道陣が聞きたかったのは、時間ではなく風のこと。当然、高梨も同会場が“寒さ”と“暴風”で《世界一危ないジャンプ台》とも報じられた件は知っているはずだ。金メダル候補があえて風のことを話さなかったのは、対策が万全という意味だったのか、それともこれから対策を練るつもりなのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.