くらし情報『アルマーニ制服議論に石田ひかり「服育論」を述べる』

アルマーニ制服議論に石田ひかり「服育論」を述べる

2018年2月14日 10:30
 

MN4 / PIXTA(ピクスタ)

MN4 / PIXTA(ピクスタ)

東京都中央区立泰明小学校が、今春入学する1年生から新しい標準服(制服)にアルマーニを採用すると発表したことが、国会でも取り上げられるほど話題になった。

アルマーニが監修した標準服は、上着、半ズボン、シャツ、帽子を買うと、それだけで6万円を越える。女子用のセットだと6万6000円超えとなる。現在の標準服と比べて3倍以上だという。

今回の処置は校長が導入を決定し、経緯については校長が「おおよそのことが決まってから、PTA会長や役員の方々に報告したので、(PTAが)選定過程で関わることはなかった」という。教育委員会には「アルマーニ社がデザインの監修を引き受けてくれることになったので、来年4月に向けて標準服の変更の準備を進める」と報告をしたと述べた。

この標準服、絶対に買わなければならないものではないとされているが、泰明小学校に通う児童のなかで標準服を着ていない子はほぼいないので、事実上の制服になっている。

だからこそ一部の保護者のあいだから「制服なのに高いよね」、「驚きました。公立小学校の制服なのに、なぜそんな高級ブランドのデザインを選んだのかって」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.