くらし情報『炎上を招いた「報ステ」富川悠太アナの発した言葉の真相』

炎上を招いた「報ステ」富川悠太アナの発した言葉の真相

2018年2月14日 21:00
 

YsPhoto / PIXTA(ピクスタ)

YsPhoto / PIXTA(ピクスタ)

テレビ朝日の『報道ステーション』で、富川悠太アナウンサーが発したひと言が炎上した。それは2月7日に放送された番組内でのこと。北陸地方の大雪の影響で多くの自動車が立ち往生した国道8号から生中継をし、富川アナが状況を説明した。1100名の自衛隊が集まり、前日の夜から作業を続けて220台の車を救ったと伝えた。

しかし、その直後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5キロメートルほど」と付け加えた。

この発言を受けて、ネットでは批判が続出した。

報道ステーション 自衛隊の除雪に対してわずか1.5kmって言い方はアカンやろ 人の手で1日であの高さの積雪を1.5kmもする事がどれだけ大変か… 現場のリポーターにスコップ渡して1mでもやらせてみろと、元地元民は思った》
《普通はお疲れ様ありがとうございましただろ!感謝の言葉すらかけられないのか?それともマスゴミが自費で除雪に行くか?行かないだろう?だったらうだうだ言わずにただ感謝するだけで良いんじゃないのか?何でこんなことを言うんだ?》
《これ、地元民でもなく、もちろん自衛隊でもなく、東京でテレビに向かって「自衛隊しっかりせえ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.